初診受付 お申し込みはこちらから >> CLICK

電話 093-621-0850

〒806-0030 福岡県北九州市八幡西区山寺町2-10

八幡西区山寺町 内科,消化器内科,外科なら おくながクリニック

下部消化管内視鏡検査

MOBILE SITE

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)

肛門からスコープを挿入して大腸の観察を行います。基本的に予約が必要で、検査前日には検査食をお召いただき、検査前日の夜に下剤を2種類服用していただきます。検査当日は絶食で来院していただき、腸の中に便が残らないようにするために、お薬と水を約2リットル服用していただきます。腸管内に便が残っていないことを確認できれば、点滴をしてから検査を行います。検査中にポリープや腫瘍性病変や炎症性病変が見つかった場合には組織を一部採取して病理検査に提出し、後日その結果を説明します。下部消化管内視鏡検査は上部消化管内視鏡検査と違って、腸管の走行や長さに個人差があり、お腹の手術を受けられた方は腸管が癒着して挿入が困難な場合があります。この際、痛みを伴うことがあるので鎮静剤を使用して検査を行います。検査後はリカバリールームでしっかり覚醒するまでお休みいただきます。またスコープの挿入が困難な場合に、無理をして挿入すると腸管の損傷や出血の原因になることがございます。十分に安全に配慮して検査を行いますが、合併症を起こす危険があると判断した場合は途中で検査を中止することもあります。検査終了後に画像をお見せしながら結果を説明いたします。またご不明な点がございましたら、当クリニックまでご連絡ください。

PAGE TOP